ここは、いろいろな人の居場所。緩やかにつながる心地よさ~わおん~

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
5月から月~土の18:30~22:00に「夜わおん」として、
営業し始めました。実はお弁当作りを始めたことが夜営業の開始にも
つながっています。夜のうちに仕込をできる分はやっておこうと。
ただそれだけのためにお店にいても仕方がないので、
まったりと営業もしておこうか、ということでw

お弁当屋事業の拡大に向けた動きはけっこう本気です。
若者チャレンジプロジェクトが徐々に収束してわおんの自主的な動きになってきている感じです。
チラシを300枚程度ポスティングしたところ、
すぐに2名の方が毎日お申込みくださいました。
いずれの方も、わおん弁当をとられる前から
別のお弁当屋さんをご利用されていらっしゃったようですが、
乗り換えていただいてからそのまま継続してくださっています。
また、今週月曜日に夕食をご注文くださった方があり、
その方も来週以降、月曜日の夕食を継続注文ということになりました。
来週からはさらに1件、夕食配達が見込まれています。
ボチボチ広がっていくような感じです。

岐阜市包括支援センターの方に伺って始めて知ったのですが、
岐阜市の高齢者見守り事業の一環で、
見守りが必要と認定された高齢者向けに配食サービスが1食350円で
実施されているとのことです。
一度、どういう基準なのかきちんと聞いてみようと思います。
想像ですが、そういう認定という作業は明らかにそういう状態の人が
認定されるものなんだろうなと思うわけです。
今、ここにお弁当を毎夕食取りに来られる独り暮らしの男性高齢者は、
自転車で2kmほど離れたところからでも苦なく来られるので、
見守りの対象にはまずならないでしょうね。
ですが、その方は以前のお弁当屋さんからかれこれ4年、
毎日お弁当をとっていたとのことで、食事面だけに焦点を当てれば
相当な人数の方が「生きるため」の食事のお世話を必要としている、
そう感じています。
現在、配達弁当の料金が1食450円となっていますが、
リピートしていただく方にはもう少しご利用していただきやすいように、
有効期限付きで5食チケット2,000円(1食あたり400円)、
チケット2冊まとめて購入で1食サービスという仕組みに変えようかと
考えています。
そして、件数が安定してきたら、就労支援の必要な若者を一人、
有償ボランティア扱いでジョブトレ対象として受け入れたいなと。
そうすることによって、
事業実施者、
それに関わる若者、
受益者(お弁当を必要としている高齢者等)、
受益者周辺の支援者、
そして地域、
この5者にメリットがもたらされることを大きな目標に、
ますますお弁当作りに力を注ぎます。

また、9月1日には映画「ガレキとラジオ」上映会を
岐阜市柳ケ瀬のCINEX2にて実施します。東北復興のために
「知る支援」「忘れない」「想いを寄せる機会」がキーワードです。
詳細は追って。
スポンサーサイト
2013.06.01 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://yonosuke1212.blog137.fc2.com/tb.php/217-f81399c0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。