ここは、いろいろな人の居場所。緩やかにつながる心地よさ~わおん~

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
年賀状もなかなか準備できずに慌ただしく過ごしてきた去年末。
新年を迎え、デジタル空間でご挨拶の難しい方にはきちんとお出ししようと、本日作成しました。
あとは宛名を整理して、プリントアウト。しかし、自宅のプリンタが不調なので、
わおんまでプリンタをとりに行くことに。
さすがに日が落ちた元旦は車も少なく、町灯りも普段とは全く違い、物寂しさを感じながらお店に到着。

年賀状、元旦の分厚い新聞、
ん?宅配便の不在配達通知?

誰からだろう。

え?石巻市浜松町?

ケーキとパンの店えくれーる

、、、石巻に行った際には特に直接のつながりはないお店だな、、、。
うーん、なんだろう、ぞうきんや古タオルを東北に送ろうという呼びかけで
かなりわおんに集まってきていたものを年末にYさんに持って行ってもらったそのお礼かも。
Yさんは石巻の仮設や幼稚園や保育所に持っていくって言ってたし、
渡波地区の幼稚園や保育所だったと思うから、そういうことなんだろう。
送料もかかることだし、送れたことでこちらは満足しているのだし、
支援の一つ一つに気を遣っていたら大変だろうに。
ま、ありがたく頂戴するとしますか。

宅配便の集配所まで受け取りに行き、家で梱包を解く。

メッセージとともに2つの赤い靴に詰まったお菓子が。
010.jpg

そのメッセージ。
011.jpg

FB見ました。遅くなりましたが、メリークリスマス!
2人のお子様に差し上げて下さい。

ってことは、え??? マジっすか!

本当は子ども達に何かプレゼントを準備する予定はなかった。
(もう中3と高1だし、ケーキ食べておしまい。うちには特別にプレゼントを買う余裕なし!)
そう思いながら12月24日の夜中に、とある人のFBを見たことから、
「大人になった時に思い出すクリスマス」はお金の問題ではないと、
遅まきながら気づき、深夜までやっている何でも売ってるド〇キに走り、
2人分のプレゼントを買って戻り、午前2時過ぎに、
こっそり枕元に置いた。
翌朝、娘はとても嬉しそうに「ありがとう!」と
父さんサンタにお礼を言ってくれた。
息子は、にまっとしていたらしい(妻談)。

そんな顛末を、25日にFBに投稿しておいた。
それを、今日のプレゼントの主は、どういうつながりでご覧いただいたのか、
まったく存じ上げない方なのに、
杉浦家のちょっとした日常ドラマにご反応され、
本当にわざわざ石巻から贈ってくださった。

石巻には本物のサンタクロースがいた。
2人の子どもに贈られたおいしそうなお菓子。

震災そのものは、本当に不幸な出来事としか言いようがない。
震災後、復興という言葉の空虚さも漂っている。
いつまで我慢すれば、どれだけ頑張れば、、、
しかし、その中から生まれてくる確かなぬくもりがある。
それを今日ほど心に強く感じたことはない。

「石巻 えくれーる」で検索し、以下のリンクにたどり着いた。
とても優しい声のなかに、とても強い気持ちもお持ちのご主人。
待っててください!必ず会いに行きます!

宮城県石巻市のお菓子やさん えくれーる ラジオで紹介されていました。
スポンサーサイト
2013.01.01 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://yonosuke1212.blog137.fc2.com/tb.php/212-b6730281
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。