ここは、いろいろな人の居場所。緩やかにつながる心地よさ~わおん~

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
石巻で被災された須田さんは、11日の大垣のイベントの時に
私にぼそりと、こうつぶやいた。
「黙とうは、本当は2時46分の30分後からだよな。津波が来たからだよ。
 俺の友達40人の命日だ、、、。」
トレードマークのようにかぶっているキャップを目深にかぶって、
その瞬間の表情を敢えてかくしているようだった。

岐阜からは、チアカフェで知り合った人の何人かも東北入りしていた。
なんだろう、不思議なもので、私は岐阜にいて、
こちらに避難してきた人と、その時間を迎えた。

今日(もう昨日ですが)、学習塾の授業担当曜日だった。
生徒たちに、昨日のその時間はどういう風に迎えたかと
それとなく訊いてみたら、部活動中の生徒たちは、
学校の先生がその時間は活動を止めさせ
皆で黙とうしたというのが大半であった。

東京銀座のその時間の映像にも、少し安堵した。
あれだけの人数が一斉に黙とうをささげていたことを知り、
節目の日に、日本中で、きちんと向き合った人がたくさんいたことが何よりだ。

わおんも、なぜかご来店者が多い日だったようだ。
わおんが発してきたことが、なんとなくそういう気にさせたのだろうか。
だとしたら本望だ。

まだまだ考え続けていかなきゃいけないと思う。
大垣のイベントの時に、黙とう後、市長がこう言った。

「復興、道半ば」

うーん、道半ばねえ、、、。
何を以て、半分とのたまっているのか、ちょっと乱入してやりたかったよ本当に。

しかし、確実に復興への芽は出始めている地域もある。
そういうところには笑顔が戻ってきつつある。

その笑顔に会いに行こう。

ボラ&ワカメ漁体験バスツアー案内文書
参加申込書
スポンサーサイト
2012.03.13 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://yonosuke1212.blog137.fc2.com/tb.php/192-38e4ab09
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。