ここは、いろいろな人の居場所。緩やかにつながる心地よさ~わおん~

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
最近フェイスブックなるものに
頑張って投稿している私ですが、
ブログもUPしますよー。
おんなじ内容の時もありますがご勘弁を!

2月12日のチアカフェ@わおんにて。
今回は過去最高の参加人数。30名越え!
お子さんも8名とにぎやかでした。
002.jpg

避難されてきた人との新たな出会いは2組。

奥様の実家が岐阜の養老町なので来たという男性。
宮城県からいらしたとのこと。
お子さん1名連れてのご参加でした。
ニット帽のよく似合うナチュラル系な方でした。
こちらでは、美容師だったことを活かして出張ヘアカットや、
アート&スピリチュアル系のイベントを開催して
明るく過ごしていらっしゃるようで、少しホッとしました​。

福島から岐阜市にいらした男性とお子さん3名。
この日はごった返していて、岐阜である理由などは
伺うことができなかったのですが、

なんと、
現在のお住まいは

公民館、

だそうです。

いろいろ不自由なことが多いだろうと思います。
2月のうちにはその公民館を退去しなければいけないようなお話で、
お子さんたちのこともあり、できれば同じ小学校区で
居住したいとのこと。
実は、この方が本日ご参加だと伺って、
協力者としてチアカフェに継続的に関わってくださっている
岐阜市の女性に連絡を取っておきました。
お子さん同士が同じ小学校に通っていることを
情報としては伺っていました。
ただ、なかなか女性側から積極的に接点を持つ動きも
ご本人の望まれる行為かどうかが不明で、
存在を知っているという程度で今まで過ぎていたようだっ​たので、
チアカフェが交流を深めるいい機会になればと思い、
女性には、ぜひ来てくださいと伝えた次第。
男性には心強い支援者が増えたのではないでしょうか。
現在その男性は、お子さん2人が保育園で1人は小学校に
行ってらっしゃるのと、奥様はいらっしゃらないようなのとで
1人でその3人のお子さんを、岐阜という慣れない地で、
しかも公民館で、パートの仕事をしながら育て暮らしてい​ます。
不憫です。
お子さんたちはもう元気でお店中動き回っていましたが、
男性の表情には、少々疲労の色が見られました。
こういうご家族こそ、
本当にみんなで何か支えとなることを考え
実行して行くべきなんじゃないかと、
男性が帰って行かれる背中を見て、
強く心にそう思いました。

004.jpg

この写真の中央の横山さんが手にしているのは
岐阜のボランティアさんが布で作ったひな飾り。
ある程度の数量を石巻に送られたそうですが、
今回、岐阜に避難されている人たちにも
プレゼントされました。イイね!
スポンサーサイト
2012.02.14 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://yonosuke1212.blog137.fc2.com/tb.php/182-3b2a600f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。